賃貸探しのコツを教えます!誰にでも見つかるいい物件!必見!?かも?

2016/04/22

まずはコンビニに行く!そこが最初の切り口なのです!

過去に15回ほど引っ越しした私なので多くの経験に基づきますと、不動産屋に直接行って営業の担当者と話すっていうのはかなりNGです。こちらがいくら細かく条件を伝えても結局はそこの支店が抱えている物件だけを紹介され、更には丸一日その担当者の相手をして、なんだか断るのも出来ないような雰囲気で終了してしまいがちです。そこで、まずはコンビニに行って住宅情報誌を買いあさるんです!あとは自分が住みたい場所や間取りや値段などを確認し、そして始めてその情報を提供している不動産屋に電話をします。聞くことは一つ!その物件の住所です。それさえ確認すればあとはその物件を見に行くだけです。家探しは足だ!と多くの先輩方から聞いていたのは正にその通りです。自分の自由な時間でいっぺんに数多くの物件を見に行くことができます。

外観だけでもいい物件は充分に把握できます!百聞は…

自分のメモを頼りに早速物件を見に行きます。外観だけでかなり自分の求めている物件か確認できます。築年数が古くても外観が綺麗でしっかりしていればなんの問題もないでしょう。窓枠の作りや東西南北の位置や隣りの建物のスペースもチェック要です。更に学校の近くで子供たちが騒がしくないかとか、道路のすぐ側で車の騒音が激しくないか、近くにすぐに駆け込めるコンビニはあるか等、自分のペースで色んな物件を見て回るというのが無駄なく最適な賃貸を探すコツとも言えるでしょう。

数撃ちゃ当たる!って本当なんです!

かなりの数の物件を見て、あとは振るいにかけるだけです。自分の中でTOP10くらいにリストを作り、そこで始めて不動産屋が必要となります。そうです。カギが必要なんです。自分だけで中を見に行きたいところですが、それは無理な話で、そこは100歩譲って担当者の方に案内してもらいます。とにかく担当者と会うのは時間の無駄というのがポイントなんですね。笑)更には間取り図を見ればだいたいの内装もわかってくるようになり、実際に担当者の方に間取り図をFAXで送ってもらって決めた物件もありました。その時に母に”あなたは家探しが上手よねー。”なんて褒められたこともありましたしね… 賃貸でも自分が納得して気持ちよく住めるところを探すのは自分次第なんです!まずは足で探す!ってことでしょうね。春の引っ越しシーズ到来で素敵な家が見つかりますように!

自分にとって良い条件の賃貸の見極め方はどうすればよいでしょう。まずは第一に賃料です。自身の収入の3分の1程度が望ましいでしょう。次に立地、部屋設備、構造、築年数などを慎重に見極めなければなりません。

/