賃貸で住み続けるのは得なのか

2016/06/26

賃貸を選ぶと何がいいのか

賃貸のメリットは引っ越しが自由だということです。自分で所有しているわけではないので、気軽に次の家へ移ることができます。引っ越し作業については、賃貸であっても持ち家であっても同様に大変ですが、家の売却などを考えなくていいという点は大きな違いです。

引っ越しというと転勤などのように遠方へ移動することが浮かびますがそれだけではありません。結婚して子供が産まれることによって家族が増えることで家が手狭になり近い場所で借り換えるという場合もあるので誰にでも起こりうるのです。

持ち家にすると何がいいのか

持ち家のメリットは資産になるということです。例えば、月に払う家賃とローンが同額の場合を考えてみましょう。ローンを払い終える年数分ともに払い続けた場合、賃貸は何十年住んだとしても自分のものにはなりませんが、購入した場合は家が残ることになります。

また部屋の中を自由に使えるという点も挙げられます。部屋に収納が少ないので棚を付けたいと思ったときに、賃貸の場合は壁に釘を打っていいかなどの許可を取る必要がありますが、持ち家であれば誰にも文句を言われることはありません。

いったいどっちが得なのか

もちろんどちらにもメリットとデメリットがありますので、どちらが必ずいいということはありません。

転勤による移動も家族の増減による引っ越しもする予定がないという人や、引っ越すことになった場合を考えて不動産の相場が下がりにくいところを選ぶことができる人であれば購入することでのメリットを存分に得ることができます。

ただし、一般的には転勤や家族の増減がある場合の方が多いと思いますし、不動産の相場についてもよく分からないという人がほとんどだと思います。そのため自信を持てない場合には賃貸にしておくのが無難ではないでしょうか。

札幌市清田区の賃貸マンションは、防犯システムも整っていれば周りの環境にも恵まれている贅沢な賃貸マンションです。

/