憧れの注文住宅!まずは土地選びからはじめましょう

2016/03/12

環境の良さを取るか利便性の良さを取るか

注文住宅を建てる時、土地選びは大切です。土地がなければ住宅はたちませんからね。駅から離れた場所を選ぶと、比較的負担の少ない価格で広い土地を取得できます。また、駅から離れると通常は人通りがそれほど多くないので静かな環境を手に入れることもできます。一方で駅の近くの利便性の良い土地は価格が高くなりますし、人通りが多いので騒がしくなります。どちらが良いかは家族のライフスタイルによって判断しましょう。例えば、家族がみな通勤通学に時間がかかるという場合は移動の負担を抑えるために利便性の良い土地を選んだほうが良いかもしれません。

南向きの土地が良いけれど

南が道路に面している土地は日当たりが良いので人気があります。でも人気がある分どうしても価格も高くなります。予算が十分でないという場合は南向きではない土地を選ぶという選択肢もありますよ。注文住宅は断熱材の入れ方や窓の取り方を工夫できます。上手く設計すれば北向きの土地でも快適に過ごすことが可能となります。さらに、夏場は強い日差しが差し込まないので地域によっては北向きのほうがむしろ快適ということもあるかもしれません。

形などでちょっとお得な土地

角地や正方形をした土地は車を出しやすいですし、日当たりや通風が良いので人気があります。これに対して自分の家に行くまでに道路から通路を通って行く必要のある旗竿地や台形型をした土地はやや値段が下がる傾向にあります。周辺環境によっては旗竿でも十分快適に過ごせる可能性もありますよ。角地にこだわらずに土地を探してみても良いかもしれません。また台形型のような土地でも注文住宅ならば、地形を活かした設計が可能となりますよ。

注文住宅は自分の思いをカタチにできるのが魅力です。要望をどんどん伝えて理想的な家を作ることができます。

/